能登半島地震で被害にあった猫の保護活動を続ける越前町の「muni cafe」へ

キャッチ写真


1月17日は先輩議員の空市議、遠藤市議と越前町蝉口にあるカフェ「muni cafe」に出掛けました。目的は、能登半島地震で被害にあった猫を預かることを始めたと聞いたからです。

「muni cafe」は古民家を改装した隠れ家的なお店。外観からはただの民家のようで解りづらいのですが、中に入ると、ワーと視界が開け、猫関連のグッズが展示、販売されている愛らしい店です。2階部分が猫を保護するシェルターで、ケージなどが並んでいました。

今回のような大きな震災では、どうしてもペットのことは後回し。そこを埋めるのが、愛好家たちのネットワークです。被災した方にとってはペットも家族の一員でしょうから、それを預ける場所が見つかるだけで心配ごとが一つ減って大きな救いになります。

取り敢えず輪島から6時間かけてリレーで運ばれてきた猫を1匹預かっているだけですが、既に何軒か相談が来ているそうです。被災した猫についての相談があれば、「muni cafe=0778-67-0776」に問い合わせてみてください。


キャッチ写真

キャッチ写真

キャッチ写真


このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。