MENU

店を開いて、街の声を聞いてきました。

鯖江に戻って、10年が過ぎました。その間、ショット・バーを開いて街の人たちの声を集め、等身大のニュース解説「ニウスな夜」という時事問題の勉強会を開き、あちこちで講演をさせてもらい、数多くの街の人たちと話しをしてきました。

 

行動なくして、「人の集まるまち」にはならない。

商工会議所の「人の集まるまち委員会」の委員として、「サンドーム福井」を訪れるコンサート客の地元経済への取り込みなどに知恵を搾り、若泉敬顕彰会の起ち上げなどを手掛けました。本町エリアへの新ビル建設プランもそうです。そして今また、特急「しらさぎ」号の存続運動を起ち上げました。そうした活動の中で、活力に溢れる街、その姿をずっと考えて模索してきました。

 

柔軟な発想で街の仕組みを考える。

子育て、教育、経済振興、危機管理……。人口が減っていくという時代の変化の中、鯖江を活力に溢れる街にしていくためには、まずはそこに住む人たちが“暮らしやすさを実感できる街”になってないといけません。そのためには、柔軟な発想で街の仕組みを考え直すことも重要です。例えば、生活者の利便性を考慮して、土曜日か日曜日に役所を開けられないのか。あるいは、週に一度、役所が遅くまで開いている日を設けられないのか。そういったことから考えてみませんか。

 

みんなで語りませんか、議員の在り方も。

議会の在り方もまたしかり。例えば、議員報酬を大きく減らし、浮いた予算で議員の数を増やす、また、議会を土日開催に変えて、女性、学生、サラリーマンの参加を促す。どちらも、広く市民の声を集めるためのアイデアです。突飛なアイデアのように聞こえますが、これまでの常識にとらわれないで、ものを考えることを、時代は我々に求めています。

 

市民のスポークスマンに徹する。みなさんの想いを市政に届けます。

風通しの良い市政のため、誰かが常に新風を吹き込まなければなりません。皆さんが普段感じていること、疑問に思っていること、それを皆さんに代わってどんどん調べ、行政にどんどん訊いていきます。記者時代からの、徹底して現場の声を拾う「現場主義」を貫いていきます。

後援会入会のお申し込み、お問い合わせなどお気軽にどうぞ!0778-54-7233

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

Facebook

PAGE TOP