臨時消防議会、機材更新を議決

キャッチ写真




5月10日は消防議会がありました。以前書きましたが、市議は組合議会の議員の仕事も兼任しています。鯖江・丹生消防組合(消防署を管理)議会、あるいは、鯖江広域衛生施設組合(ごみ焼却場や火葬場を管理)議会のどちらかの議員を兼ねており、私は消防の議員も兼ねています。

消防組合は鯖江市と越前町が共同で設立、運用しているので、その議会は鯖江市議と越前町議の集合体。鯖江市から5人(佐々木議員、空議員、西野議員、堀川議員プラス私)、越前町から4人の議員です。

会議室で行われる「全員協議会」の後、議場に場所を移して本会議となるのですが、本当の意味での議論は「全員協議会」が主戦場。ここでは各議員からのさまざまな質問が飛び交います。その後の本会議が静かで早く終わるのは、事前にあれこれ話を詰めてあるからです。

今回は臨時議会で、機材更新が議題。更新は消火、救援活動に大きく影響します。少ない予算を工夫して、粛々と、着々と更新を進めているのですが、発注しても、納品が遅れることが頻発とのこと。日本全体を覆う人手不足がここにも陰を落しています。

組合の管理者は鯖江市長が、副管理者は副市長が務めており、新任の服部副市長が今回は市長に代わって副管理者として出席していました。斉藤会計管理者も新任というコンビでした。


サンドーム1


サンドーム2


サンドーム3





このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。