北鯖江駅で火事に遭遇!

キャッチ写真




鯖江駅に戻るため、11時24分発の上り普通列車に乗ろうと北鯖江駅のホームに出たら、なんと線路脇の工場からメラメラと火が吹き出しているではありませんか!、それも凄い勢いで大きくなっていきます。そのうち、ガラスが次々に割れていき、中からは爆発音が。まるで映画のワン・シーンを見ているような感じなのです。


ホームでは、若い駅員さんが必死に電話していました。ただ、「近くに何が……」という声が電話機から漏れて伝わってきて、それに「えーっと…」。こりゃ周辺の地理に疎いのだろうと思い、電話機を受け取り消防司令に場所と詳細を伝えました。


駅員さんは武生駅から来ていて、既に連絡を入れて列車は止めたとの。ならばと、二人で外に待避したのですが、火の勢いは強くなるばかり。駅舎に火が移らないかと、ドキドキものでした。


幸いにも、消防隊、鯖江署員らの臨場が早く、住人の方も足に軽い怪我で、大事には至りませんでした。佐々木市長、駅近くに住む佐々木議長、元消防団の堀川議員も駆け付け、隊員達の奮闘を労ってました。若い記者時代には川崎、横浜で火事の現場に何度も足を運びましたが、“のたうち回る火”はやはり怖いですね。


きょうは北鯖江の駅の写真を撮りに行ったのです。国鉄時代に父親が駅員として勤務していた駅を。駅員さんもたまたまチラシを貼りに来ていた。彼と私が11時24分発で武生方面に去っていたら誰もいなくなって発見が遅れ、駅舎に火が移る大きな火事になったかも、そう思うと、これも何かの縁か、と思いました。


キャッチ写真





このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。