ニウスな夜[132宵]今の日本を知る

キャッチ写真




等身大のニュース解説「ニウスな夜」は毎回テーマを決め、政治や経済のニュースを解説しています。不定期開催で、会場は私の店「バー・ステーション」。午後7時からの参加自由なので、仕事帰りにプラっと立ち寄ってください。当日使った資料を貼り付けておきますので、興味のある方は読んでみてきださい。


今回の132宵(2月27日)のお題は「今、求められていること」です。日本の現状を数字で見つめ直すことで、今の日本社会の課題は何か、を追いかけました。今回も、いろいろな数字を拾っています。


皆さんの関心をいちばん惹いたのは、日本の賃金の低さ、だったでしょうか。欧米の時給と比べるまでもありません。周りが経済成長(GDPが増える)する中、長く停泰している日本はアジアで段違いの高賃金国というのは遠い昔の話。シンガポールや韓国のみならず、このままいけば、多くの国に抜き去られてしまうという実態です。


極端な相関関係にあるのは、所得と婚姻の関係です。所得の高い男性ほど結婚しているのです。少子化対策が叫ばれますが、実は結婚した夫婦の出生率は1970年代からあまり下がっていません。つまり、少子化の原因には、結婚する人が少なくなっていることがあるのです。


そして……。その婚姻率は所得に密接に関係しているのです。つまり、若年層の所得を上げないと、婚姻率はいつまでも上がらない、ということ。子育て支援の充実は叫ばれますが、婚姻促進のための若年層の所得向上についてはあまり語られません。少子化の真の原因はそこにあるのに。




null
 ニウスな夜2.27資料






このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。