この日は「社会教育研究集会」にも

キャッチ写真


2月24日は「区長会連合会研修会」の後、「社会教育研究集会」がありました。市の「社会教育委員会」では昨年来、人生100年時代を見据えた新しい社会教育・生涯学習の推進について議論を重ねてきました。市の「教育委員会」からの「諮問=議論してねというお願いです」を受けて、です。

それに対する「答申=こうなったという報告です」がこの1月23日に出ました。今回の「研究集会」は、その中身を市民に解り易く伝えるためのもの。答申では地区の公民館を社会教育・生涯学習の拠点と位置付けており、公民館でさまざまな活動を繰り広げている市民も詰めかけ、「社会教育委員会」のメンバーと公民館関係者によるパネル・ディスカッションに耳を傾けました。

実は、私は1月の答申の場に陪席させてもらいました。答申の場では聴けなかった「答申が出来上がるまで」、「研究集会」ではそれらが聴けたことで、これからの課題も見えてきたと思います。市議会「3月定例会」の一般質問で、そこのところを詳しく訊いて、理事社側(市役所側)からしっかりとした答弁をもらわないといけません。


このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。